商標登録のプロが全力でサポート| 商標登録ならお任せ!ルピナス弁理士事務所
新着記事

警告書が届いたら

商標権侵害との警告状を受けたった時の検討~「商標的使用」に関する商標法26条1項6号と「クイックルック」事件を参考に~

商売を続けていると、突然、商標権侵害であるとの警告状が送られてくることもあるでしょう。 そんな時、相手の言い分が法的にも納得がいくものであれば当然、使用している商標の変更をするなどの対応を取らなければなりません。 しかし …

突然、商標権侵害だと言われたら3~キャッチフレーズと商標的使用~

商標権侵害であるとの警告状が届いた場合の対応策として、これまでいくつかの事例と共に取り挙げてきましたが、今回はキャッチフレーズの商標登録と「商標的使用」について考えます。 1、「商標的使用」とは 商標的使用とは、その商品 …

突然、商標権侵害だと言われたら2~商標法26条の考察~

商標権侵害であるとの警告書が届いた場合の防衛手段として、今回は、「商標権の効力が及ばない範囲」について定めた商標法第26条の規定についてみていきたいと思います。 1、商標法第26条とはどのような規定か。 商標法第26条に …

突然、商標権侵害だと言われたら~先使用権の考察~

突然、「御社の商品名やサービス名が自社の商標権を侵害する」という警告書が届いたら、どうしますか。 あきらめて、他の名称に替えますか。 もしかしたら、名称の変更をしないで済むかもしれません。 そのために役立ちそうな権利が「 …

PAGETOP
Copyright © ルピナス弁理士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.